December 31, 2010

『ロンドン10日間ツアー(5日目)』 Arsenal Shop [午前の部]


今日はFootballの試合が無い。
午前中はアーセナルショップで買い物。午後からは妻のアレンジでアフタヌーンティーとバレエ鑑賞する事になる。

まずは午前の部、Arsenal Shopでの買い物。
久しぶりのArsenal Shop。
日本にいる時は、あれも欲しいこれも欲しいと思いをつのらせていたのに、今回は何故か物欲がわかない。

会社の仲間二人から「このアーセナルのジャージを買ってきて」とリクエストを受けていたので、それが気がかりになっていた。
この二人結構オシャレ。身に付ける物にはかなりこだわりがある。
どこで探してきたのか、この二人に「買ってきて」と頼まれたジャージはかなりカッコいい。ブコツで繊細さに欠ける物が多いArsenalブランドの中ではかなりシャレている。

前々日に観たWigan戦の試合前に、Arsenalの先発メンバーの面々がこのジャージを着てアップをしていた。
(カッコいい…。俺も欲しい…。)
でも、Arsenalの選手が身につけている様なジャージがすんなり手に入るはずが無い。
Arsenal Shopの商品はユニフォームを除くと、いつだってカッコいい商品は品切れだ。

生産〜流通〜供給〜補充の設計がきちんとなされていないのは明らかだ。
(俺がコンサルでもしてやるか…)
はっ!誰がお前にコンサルなんか頼むかって感じですよね!

でも、やっぱり、案の定、予想通り、Arsenal Shopでこの”ジャージ“は品切れていた。
(困った…)
“この二人”はかなりのオシャレ。代替えの商品を探すなんて私には出来ない。
こうなったら妻頼み。彼女の”センス“にかけるしかない。
彼女に“事情”を話す。
・”二人“はかなりオシャレである
・私のプロジェクトで非常に重要な人材である
・この“ジャージ”はプレゼントである

彼女はテキパキと与えられた”仕事“をこなしていく。
「これは?」
「こんな感じどう?」
あれやこれやと“候補”を差し出されるが、私には全く分からない。
元々"Arsenal"のロゴが付いていれば、そしてそれが"Arsenal"のオフィシャルグッズなら、なんだってかっこ良く思えてしまう…。

「どうすんのよ?」
なかなか態度を決めない私に彼女が少々切れ気味にたずねる。
「分かんないから、お前決めてくれる…。」
全くの部外者である妻に責任を押し付けるひどい亭主…。

そんなこんなで、結局彼女が選んでくれたのはこれ。
感じが良い”ジャージ“がなかったので、選んだのはスエット。


私の分も購入し、“3人”お揃い!


ついでに、ちょっとレトロなパーカーも購入。



妻が自分用に買ったのはこれ。
1971年の優勝を記念した、こちらもちょっとレトロな一品。




小物もあれやこれや買い込み、結局両手で持たなければならない購入量に。
あまり”物欲“がわかないって言ってたのに…。
Arsenal Shopに来ると、やっぱり買っちゃうんだよねぇ。

何度来ても大好きです、Arsenal Shop。
また来るからね!

Arsenal Number 7/hanai

Posted by hanai at 09:34:00 | from category:  Arsenal | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks